と悩んでいませんか 結論は 気分安定薬は血中濃度が命です 医師が2週間おきに採血をするので 血中濃度をよく観察しながら看護をしましょう また 副作用としては ふらつき 脱力 口渇などが出現することが多いので患者の生活の様子も医師に伝えていくといいでしょう. ゴロ 解剖生理イラストさん Rockybabyto Twitter 看護ノート 生理学 医学