Mydriatics 散瞳薬 は瞳孔散大を誘引する物質である 硫酸 アトロピン 塩酸フェニレフリン トロピカミド などの薬剤は医学において使用され 網膜や他の眼深部構造の診断や有痛性毛様体痙攣の緩和を可能にする. 眼底を検査するためには 瞳 瞳孔 を大きく開いて目の奥の広い範囲 を調べる必要があります 人間の目はまぶしさを防ぐため 光が当たると瞳が小さくなり目に入る 光の量を抑える働きを持っています そこで その働きを一時的に弱め瞳を大きく広げる薬を点眼して検査し ます. […]